大腸カメラ | 茨木市で潰瘍性大腸炎のご相談なら「なかクリニック」 | 土曜日も診療、茨木市の内科・外科

茨木市の内科・外科 なかクリニック

0726318808

・電話予約は行っていません ・胃カメラと健診とワクチンは電話予約可能
[診療時間] 9:00~13:00 / 16:00~19:00 *土曜午後 14:30~17:30
[休診日] 日曜・祝日・木曜午後

大腸カメラ

大腸内視鏡検査について

茨木市で潰瘍性大腸をはじめ慢性腸疾患や腹痛、嘔吐、下痢などのご相談なら、茨木駅から徒歩5分。茨木市の内科・外科・肛門科・皮膚科「なかクリニック」へご連絡ください。潰瘍性大腸炎の専門医は大学病院等の基幹病院に局在していますが、軽症の場合はクリニックでも十分治療、検査が可能です。

こちらのページでは、大腸内視鏡検査についてご紹介しております。

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査とは、肛門から挿入して大腸の中に入れ、先端についている小型カメラで中の様子をモニターで観察します。
検査を行うことにより、大腸がん、大腸ポリープ、腸炎、痔などの疾患を診断することが可能になります。
当院では、検査の際に腸管洗浄剤をお飲みいただきますが、検査用のトイレをご用意しておりますので、まずは当院にご相談ください。

大腸カメラについて詳しくはこちら

大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査の流れ

  • 前日の夜と当日の朝(検査or手術4~9時間前)の2回下剤を服用します。1回1包を約150mlの水に溶解し服用し、1回目の服用後は1回250mlの透明な飲料を数時間かけて最低5回、2回目の服用後は1回250mlの透明な飲料を検査の2時間前までに最低3回飲用します。
  • 便がきれいになったら、お昼ぐらいに検査を開始します。
    内視鏡で切除が可能な、大腸ポリープや早期がんが見つかった場合にはその場で切除することが可能です。
    ※日帰り治療が可能です。
  • 症状がわかれば、その場で状況を説明させていただきます。
  • ポリープをとったり、組織検査を行った場合は、後日結果をご報告します。

茨木市で潰瘍性大腸炎のご相談

茨木市で潰瘍性大腸炎のご相談なら、内視鏡検査(大腸カメラ)を受けられるなかクリニックへお問い合わせください。なかクリニックでは、大学病院などへ紹介状をお出しするだけではなく、逆紹介にも対応可能です。

地域内での役割分担を進めながら、病診連携を密にすることで、より患者様に適した医療を提供したいと考えています。茨木市で内視鏡検査(大腸カメラ)を受けられるクリニックをお探しの方や、逆紹介をお考えの大学病院・総合病院からのお問い合わせをお待ちしています。

茨木市で潰瘍性大腸炎のご相談なら「なかクリニック」

院名 なかクリニック
住所 大阪府茨木市中穂積1丁目2番50号
電話番号 072-631-8808
最寄り駅 JR茨木駅から徒歩5分
駐車場 4台設置
バリアフリー対策を行っているため車いすの方も安心してご来院することができます。

ページトップへ