妊娠中および授乳中の予防接種はどのようにすればよいでしょうか?|茨木市の内科・外科・肛門科をお探しの方、土曜日の診療、内視鏡検査も行っている茨木駅から徒歩5分の、なかクリニックにご相談ください。

茨木市の内科・外科 なかクリニック

0726318808

・電話予約は行っていません ・胃カメラと健診とワクチンは電話予約可能
[診療時間] 9:00~13:00 / 16:00~19:00 *土曜午後 14:30~17:30
[休診日] 日曜・祝日・木曜午後

よくある質問

妊娠中および授乳中の予防接種はどのようにすればよいでしょうか?

妊婦への生ワクチン(MRワクチン、麻疹ワクチン、風疹ワクチン、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチン)は、全妊娠期間を通じて禁忌です。

また接種後2ヶ月は避妊が必要です。

不活化ワクチン(インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチン)は接種可能です。

授乳中の方については、明確なデータはありませんが、母乳中にワクチン成分が分泌されてもごく微量であり乳児に与える影響はないと考えます。

ページトップへ